最上病院の概要

 

 

  最上町立病院は、最上町発足前の東小国村において病院の建設を決定し、 昭和29年7月に落成、昭和29年9月1日に東小国村、西小国村の合併により最上町が誕生、同年10月最上町立病院として発足致しました。

 

  その後、医療需要の増大と医療技術の発展に伴い昭和45年10月には鉄筋コンクリート3階建てに全面移転改築したものですが、昭和60年頃より高齢化社会が予測されはじめ、 その対応として医療だけでは限界があり、保健、医療、福祉が一体となって取り組むべきであるとして、昭和63年に第2次最上町総合計画に地域包括医療を推進する、健康な体、健康な心、健康な社会生活を理念とした「ウェルネスタウン構想」が盛り込まれました。

 

  病院の名称も最上町立病院から最上町立最上病院に変更、同時に健康管理センターを病院に併設し、保健師を含む保険部門を病院に移し、また福祉部門であるホームヘルパーについても健康雄管理センターに配属し、住宅医療の充実を図った所であります。

 

  しかし「ウェルネスタウン構想」をより効果的に実践するためには、中核となる当時の病院施設では手狭で老朽化していたため、平成2年に病院及び健康管理センターの 新設移転が決定され、平成5年に着工、平成6年3月に竣工し同年5月30日開院したものです。

 


 

施設の概要

  内訳
◆建築年次 平成5年
◆建物構造 鉄筋コンクリート平屋建て
◆延べ面積 5,717m2
◆敷地面積 20,199m2
◆病 室  29室 
◆病床数

全70床(内訳)

 ・個 室 ・・・ 15床

 ・2床室 ・・・  4床

 ・3床室 ・・・  3床

 ・4床室 ・・・ 48床

◆リハビリ室 203m2(平成8年増築)

個室料金
・個室A(1日 … 3,780円)
・個室B(1日 … 2,700円)

※病棟、各個室には温泉を引湯、及びテレビ、冷蔵庫などを設置